懐かしい「水色のワルツ」を弾いてみました。

赤い本をお持ちの方はそちらに。歌え!本の方もありますよ。

水色のワルツは「高木東六」さんの作曲。

これは元々の音源を聴くと「ゆったりたっぷりと」歌わねば・・・・と思う曲です。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。