誕生会の後、うっかりベンチで横になってしまった。
その後フジテレビでFNS歌謡祭があるので久しぶりにずっとテレビをつけて観ていた。
テレビはあまり観ないし最近は歌番組も観ないけど家族がみるというので一緒に。
今の曲もあるし、昔からのいい曲を他の人が歌うのもあり。
知らない曲、知らないバンド、知らないグループがたくさんあって
へえ〜と楽しく観ていた。

平手さんと小さい人のダンス。歌は森山直太朗さん。心に残った。わたしは平手(てち)さんのファンです☺️新しく発売される音楽誌にインタビューも載るそうなので楽しみにしている。
みんなで踊るのもよいけど、こういうのもよい。

セットや衣装、ダンス、歌と楽しかった。韓国のグループは会場の照明や全体(セットや衣装の質感、色)
の感じが少し日本側とは違っていて、進んでいる感じがした。ダンスも。
聴くところによると、ダンスの練習は朝から始めたら次の日の朝までやってるようなこともあるそう。(もちろん休憩はあるでしょうけど)
さだまさしさんやtube、その他の熟年の人も頑張ってた。
アカペラでメドレーを歌い切った女性のグループもすごかった。衣装の色合いも好き。

今まであまり観なかったけど、たまにはテレビも観よう。


アーティフィシャルな植物がマイクや楽器に絡んでるのがいい感じだった。早速真似してみたい。
雰囲気って大事。

それからみなさんのピアス。素敵でしたね〜
いま頑張ってもマスクとの併用で気分がもう一つだけどまたピアス綺麗なのをつけよう。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。