秋〜冬の仕事のキャンセルについての返信を書いていたらすっかりアップする時間が遅くなりましたが、さきほどアップしました。なぜかどんどん長くなってきて・・・・普段一時間半が一枠の講座なのでどうしても長くなってしまうのでしょう。
しかし、平均再生時間を見ると、だいたい2〜3分なので短い方がいいと思うので、今夜は今までのを目的別に分割して再アップしようと思います。

1はまず軽い体操。最初は手の体操です。
前に出した手がパー、体に近い手がグー。これは容易いと思いますが、その反対の前がグーで体に近い方がパー。これはできないときもあると思います。意識して前に握っていくように差し出すとうまくできるかもしれません。

2それから足の体操です。こんなに自由がない毎日ですから歩数もかなり下がってきていると思います。椅子に座って足を少し開き、息を吐きながらひざをくっつけていきましょう。くっつけたらはなしますが、息を吐き切ったあと自然に入って来るので離すときにからだを緩めます。

3発声はアオアオ、やウイウイを加えました。
4その後ですが、「パ」と「カ」で歌を歌う。今日のテーマの「背くらべ」と「七つの子」を。何の歌でもかまいません。わざわざ歌詞を取り出さなくても「パ」「カ」「ラ」「タ」「マ」などで歌うと口周りの機能の低下を防ぎます。
動画を撮るたびに自分をチェック。やっと少し笑顔が出てきたかもしれませんが、歌うときに上唇を少し持ち上げてやると笑顔のような感じになります。これは無理やりにでもやったら脳に「このひとは今ハッピー!」という信号がいくようですよ。いまハッピーな人は少ないと思いますが、そういうときこそ少し上げてみましょう。

それで、これらを分割して細かく載せていきますので、当分は新しいアップは楽曲の伴奏動画だけにします。

「背くらべ」の楽曲解説はまた。

KINGNuなども歌いたい気持ちもありますが、まずは懐かしい曲を題材にしていきます。ユーチューブでどこまでやったらいいのかわからないので・・・・・収益がなければ大丈夫という説もありますが今は安全な道を選びます。

最後の曲は「庭の千草」をピアノで弾きました。

いい曲ですね。しみじみそう思います。

この先、歌う講座が難しい場合はわたしはしばらくピアノ演奏と可能なら歌、のコンサートをしていこうと思っています。
それも少人数からですね。クラシックの小品、童謡、唱歌などを。
じゃ、練習してきます。今夜は「乙女の祈り」を弾きこみます。

お・・・・床に「鉄道唱歌」の冊子が落ちてる・・・・・

この動画は分割したものをユーチューブに載せています。下記をクリックしたら短いバージョンが出ます。

5−1グーパー

5−2足の体操

5−3発声練習

5−4「パ」「カ」などで歌う

次からは短いものをアップしていきます。その方が観やすいので。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。