仕事の関連のものをネットで買うことが多くなった近年。
どんなものを買うかというと

・歌集
・楽譜
・楽器やそれにまつわるコードとか機器
・今回多く買っているのが除菌、マスクなどの商品
・飛沫防止の諸々
・洋服 すでにもう店舗で買うことはないです。
・猫の餌やトイレ用品など猫グッズ
・パソコンなどとその周辺のもの
・書籍
・趣味のもの

そしてたまに食料品。これはコロナの問題がありますが、以前からあまりにも忙しい時期はイオンネットスーパーさんにお願いしていました。今は母親のことも考えて、気をつけながらいくように。高齢者にとって食品を選んで自分の食べたいものを自分で買うことってかなり大事ですものね。

そうなると、宅配を全て自分自身が受け取れるわけではないです。
だから家族たちが受け取ってくれることは、私の仕事の一部を手伝ってもらってることになるのです。受け取ったあと、段ボールを所定の場所へ決められた日に出すのだって手伝ってもらうこともある。
家庭でそういう家族がいるからなんとか成り立っている、そういう風になるべく家族に伝えるようにしています。
自分だけが忙しいわけではなく、サポートあっての自分ですから。

仕事だって現場でたくさんの人がサポートしてくださるから成り立っています。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。その前にいつも助かってます。感謝です〜〜💓

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。