映画では好きなシーンを繰り返しみることが多い。

今は見てるのは「メッセージ」の中でのクライマックス。
1時間28分あたりからが好き。ネタバレになるので詳しくは書けないけれど
未来が見える能力で「大変な事態」を止めることができるための
中国のある人に電話をかけるに至るシーンが好きです。
その時のいろいろな音楽や音の効果がたまらない
そして終わりの、全てが整った時の、それでも未来をみると
いいことばかりではないけれど深く流れる弦楽の音(冒頭でも流れますが)が
心が少し擦られる感じと共に感じる安堵。
よくできている映画だと思う。音楽も含めて。
やっぱり弦楽いいな・・・・

ホワイトクロウ」の空港でのシーン
ヌレエフ(バレエダンサー)のパリでの亡命に至るシーン
やっぱりドキドキします。

フジコ・ヘミングの時間」の
パリでの自宅の様子とそこでのカップルとの年越しのシーン。

ラフマニノフ ある愛の調べ」の中の
ライラックのシーン。こちらまで香りが溢れてきそうです。

プライドと偏見」の中の
舞踏会のシーンと
ダーシーさんの家に訪れた時、白い彫刻が並ぶ部屋で
キーラ・ナイトレーがゆっくりとそれを観るシーン

暗い日曜日」はとても濃厚な映画ですが
何度も見たい。もちろん音楽も好き。

そしてどの映画もエンドロールの音楽。私はこれをじっくり聴きながら
映画に関わった人の名前などを観るのが好き。感動します。
絶対エンドロール!大事

この連休中は映画と音楽を自宅でゆっくり💓の予定です♪



この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。