銀座へはそんなにはいかなかったのですが
仕事では東銀座へ何度か。
ホールでコンクールの伴奏で。
ほんの数分のために夜行バスへ乗って。
その後演奏が済んだら伯母と待ち合わせて
歌舞伎座へ。
懐かしいなあ。

伯母にはとても良くしてもらったけれど
早く亡くなってしまったので
全然恩返しができていないのが悔やまれます。

でも、今日ちょっとお出かけするのに
ミディ丈のスカートを履いて出かけたのですが
それは伯母の手作りで
ステージ衣装だったものです。
ちょっと痩せたので着られるようになって
久しぶりに着ました。

モアレ生地でフレアスカートなので
流行は全く関係ないです。
いつまでも着たい。
大事にしています。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。