今年のオリンピックはどうなるのかわかりませんが、前回のオリンピック(2016年)の閉会式の様子を覚えていらっしゃいますか?
リオでの閉会式での「君が代」


のアレンジを聴いた時の衝撃は忘れられません。人の声だけで、そして重なる声。
発声はどちらかというと喉をキュッと閉めたような地声の発声で、ルーマニアの合唱を聴きに行った時にも聴いた声です。
そして、笙(しょう)のような音の重ね方で「東京」を非常に強く印象づけた作品となりました。


このアレンジをされた方が「三宅純」さん。2017年の1月29日の情熱大陸で彼の音楽制作や日常のルーティンなどを見て、心が踊ったのです。もちろん音楽もよく聴いていて、特に有名なのは この曲。
違うアレンジはこちら14秒のあたりからピアノを弾いている方が三宅純さん。 

最近の映画音楽なども担当しておられ、パリ在住で世界中で高い評価を受けています。
彼の生活の様子はその「情熱大陸」を見るととてもストイックでした。
規則正しい過ごし方だからこそ日々異なる自分を意識していけることを大事に。
作曲はパソコンで音を重ね、肉付けしていく手法。
夕食後は真夜中に歩く。この散歩で「放電」して、そして曲が浮かぶ時間でメロディーが降りてきたらその場で録音するように心がけているそうです。
急いで家に帰ってパソコンに向かって、とか五線紙や楽器に向かうと閃いた旋律やイメージというのは消えてしまうことはしばしばありますから。

それでこのコロナ禍において三宅純さんはこの深夜のお散歩はどうされているのかな?と思ってふとTwitterでそのことについて書きましたらなんとご本人からお返事いただいて!驚きです。
私のつぶやきは「過去の大事なことを書いたノート。三宅純さんの情熱大陸を見た時のことをノートに書いていて読み返している。今は夜中の散歩はどうされているのかな」なのですが、それに対して続行中であることともう少し近況をお知らせいただき、すごく嬉しかったです。

何気なくつぶやいたことをご本人からお答えいただくことなどは実は時々あって(特にミュージシャンの方々から)、昔はとてもなかったことですね。

デジタルの良さでしょう。そういう良い面を大事にしながら今日もデジタルの波の上で泳ぎながら小さな楽しみやひらめきを大事に、またリアルでの心の交流も大事にしながらこの大きな波を乗り切りたいです。

最後にカラヤンの君が代をどうぞ。演奏はベルリンフィル。

君が代については色々と意見が分かれるところですが、今日は純粋にこのメロディーを味わっていただけたらと思います。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。