雨。冷たい雨。朝はとても起きられずにずっと布団の中で過ごした。寒い。コタツマイラブ♡な1日。
昨夜遅くに家の周りをウォーキングしたらだ〜れも歩いてないし車も少なくてシーンとして寂しいので急いで走って帰る。
でも、近所の桜が見られてよかった。何事があっても花は普通に咲く。

今日は日曜日なので毎日休みだけどきちんと休みにしたい(?)ようするにさらにゆっくり過ごすということに。
わたしは仕事以外では家にいることが好きなので出かけられないことに苦痛をまったく感じないです。

昼過ぎにブランチして夕食の用意もしてまたコタツでゆっくり過ごす。この自宅待機生活に入ってから読んだり買ったりした本を読み返す。音楽は昼間はあまり聴かない。本や雑誌、ネットを見る時はあまり音楽は聴かない。なぜならば音楽が気になるから。聴音してしまうから。常に一緒に頭の中で歌って楽譜書いているような状況になるので集中できない。

また小曽根真氏のライブを聴いた(みた)。ゆらゆらとランプの灯がまたいい。音色がコロコロと小さい粒で心地よい。
楽しそうなのもいいね。特に昨夜の「子犬のワルツ」が好き。その前の夜にリクエストをみんなが書いていて、アメイジンググレイスや子犬のワルツもあった。

クラシックをジャズにしたものって昔からよく聴いていて、バッハもチャイコフスキーもリストも先にジャズで聴いたものが多い。それからクラシックの方を聴くという順番で。当時はレコードだったけど我が家ではレコードをオープンリールやカセットテープに録音して別の場所で聴いていることもあった。レコードに傷や手垢がつかないように大事に大事に扱っていた。

今日は簡単にちらし寿司も作ったんだけどちょっとご飯がやわらかくてもうひとつだった。水加減の問題だろう。ちゃんとはからないので何事も目分量。それで失敗するときもある。

今日はじっくりお風呂に入ってあたたまって寝よう。明日は少しきちっとした生活をしたいな。自分でそう決めてちゃんとやらないとこのコロナロングやすみはだらだらするだけになりそう。でもこの生活の終わりはいつなんだろう?とみんな思っているよね。少し先になりそうですね。

倉敷の美観地区に人がいないこと、大原美術館が休みになったことをニュースで見たけど、この状況でも県外、それも外出自粛するべき場所から観光に訪れる人がいるようで、驚いている。こちらは感染者が少ないけど持ち込むかもしれない、ということは頭の片隅にはないのか?

ソット合唱団のみなさんに7月の会には不参加ということを知らせる。以前よりは連絡しやすいようになったとはいえ、いつもありがとうございます。不参加というより、きっと会自体がないと思うんですがどうでしょう?35年連続して出演している身としてはちょっと寂しい。こんなことあるなんて・・・・・でも今までの歴史の中では何度かこういうこともあったよう。なんか本当につらいですが、なんとか乗り切れますように。

寒いので冷えないようにして寝る。またきっとなかなか眠れないであろう。しょうがないですね。

尾道への遠足

大林監督亡くなられましたね。また映画をみたいと思います。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。