猫の体調が今ひとつなので寄り添っていましたが
やはり、家の中を暖かくしてやらねばならない。高齢になる程それを感じていて
色々と考えて、またこたつを出すことに。
3年前に火傷をしたときに、暖かいこたつの中には入れなくなってしまったので
片付けてしまっていたのです。
こたつ布団も処分していたので、新しいものを買い、他の暖房器具をチェックしたり
猫のため、となると必死です。大事な家族ですから。
1日でも長くそばにいたいです。

このところ練習が長時間はできないでいますが、この講演会ラッシュが終わったら
また練習してYouTubeで生配信などしたいな。12月には動き出せるかな。

かてぃんさんがライブ生配信をされていたので見ました。
嬉しかったな〜。ショパンもいいけれどいろんなジャンルなんでも演奏できるしアレンジもできる。
素晴らしい才能ですね。

夜はちょっと出かけたのですが、帰りの車の中で聞いたラジオでいい曲、いいミュージシャンを知ることができてラッキーでした。何かのきっかけで知ることができるってのはいいですね。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。