今日はひたすら家のことを。普通の家事ではなく荷物の移動とか
収納の場所替えとか。
持ち物をきちんと把握したいので(特にシールドとかマイクとか)
番号をつけたりとかね。
コロナ前はマイクを使う仕事は少なかったけれど
今は必要であるのでそういうのをしまいっぱなしだったところから出す。

ミシンもかけて
衣替えもして
お風呂場のカビ取りもして(ペースト状のものを自分で作り
目時に塗る。)

とにかく頑張った。これには理由もある。
今日はオケの定期演奏会で、いこうかな?と思ったけれど
やめておいて、そのお金で矢野顕子さんのライブの配信チケットをゲット。
そして色々家事と練習も頑張って、夜、ゆっくり観る。聴く。
泣きながらみた。
彼女の音楽には、声には泣かされる。
組んでいる三味線の吾妻さんも歌が上手い。
そして、パソコンでシンセを操る方がこりゃまたすごい・・・・
東京のホールでお客を入れてのコンサート。
すごい勇気。
力をたくさんもらって元気になったところで
寝よう。

明日も頑張る。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。