車で走るときに街の中で桜が見られて、パッとはなやいだ気持ちになりますね。
心配は多いけれど花に力をもらって。

今日は午前の仕事の後すぐに帰って食事して仮眠を。このところ仮眠が足らず、夜の睡眠もちょっと足らずにいたのでぐっすり・・・・ああ、今日の夜寝られるかな?

「春の弥生のあけぼのの・・・」とか「春高楼の花の宴・・・」などの歌が思い出される今日この頃ですが、明日から4月。鑑賞にはこういった曲も予定しています。

さて、「越天楽今様」をオルガンで吹き込んできます。食事はその後。満腹だとなかなかうまく行かないのですよ。練習も録音も。皆さんはどうですか?

4月になると新しいことをしたくなりますね。私は当分の間はアクセサリー作りとあとは実は持っている服の丈が長すぎるのが多いんですよ。ドレスもそれでまだ着てないものがあるので(横幅が合わないものもある・・・・)直したりしてゆっくり待とうと思います。暦の上では春ですが、気分的にはまだまだ春を待っている感じかな〜〜
気持ちを明るく持っていきたいですね。

写真は塩見日出夫さんです

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。