朝起きてゴミを捨てに行った。わたしの前にバイクで乗り付けた御婦人がいて、私のゴミが大きな袋だったためか、ご自身が捨てたあとでより大きく戸を開けてくれた。「あ、ありがとうございます」豹柄にサングラス、マスクの私に優しくしてくださって(笑)それで二人で一番手前にあったゴミを見てしまい、ついしゃべってしまった。
中身を見たくて見たわけじゃないけど、牛乳パックにビン、カン、紙のごみとバラエティに富んだ中身についね・・・・・
分別しようね。ごみは。今日は可燃ゴミの日だからね・・・・
それでとにかくこんな時にもゴミの収集の方は休まずにいつもよりも多いかもしれないごみをちゃんと持っていってくださるので感謝しかない。

その後、ATMへ。昨日行ったのにカードを忘れてしまって。だから今日こそちゃんとお金を下ろさないと、と朝一番に来た。それはわたしにとっての朝一番であるので少々遅め。
そのあと、隣にあるスーパーへ。ずっと自分では買い物をしてなかった(ネットスーパー)のだが、どうしても欲しいものがあったので決死の覚悟できた。
でも、空いているし、ちゃんとみんな離れているし、帰って手洗いなどちゃんとすれば大丈夫なのかなと思いながら急ぎ足で、人の近くに行かないように買い物。やっぱりここもレジまわりはしっかりガードされている。

しかし、買い物は恐る恐るだけど、商品が充実していて、野菜などは美しい配色で並べられていて、楽しい。いや、楽しんではいけないのかもしれないけど。ただ、粉物はなかったですね。強力粉などは特に。転売されているというわさですが・・・・・

あとはお昼寝や家事、映画タイム(今日は第九)、仕事(家でできる事務的なこと、練習)で終わり。夜はネットにこうして向かっているけどそろそろ寝よう。おやすみなさい。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。