YouTubeの事前収録をしていた。
なかなかうまくいかない。欲張ったからだと思う。
一曲目は電子ピアノ、二曲目はピアノ、また電子・・・となるとウゴウゴと動かなければならなくて、それもどうも見苦しく、間違うし・・・・ということで、一曲ずつ収録して繋ぐことにした。そうしたら途中で着ているものが気になり、また最初から撮り直したりして。
あかりもたくさん用意したけれど難しい。そのうちに疲れてしまい笑えなくなってしまうという感じで。
それから編集作業に入ったけれど、演奏がどうも気に入らなくて。あれもカットこれもカットしているうちに・・・と果てしなく作業が続いたのでぐったりしてしまう。
今まだYouTubeへのアップが寝て起きてみても完了していないので見張っている😁
これって自粛期間だからできるのだな、と思います。

自分の顔を見ると、自然に笑えなくなってる気がする。
この一年あまりの様々な影響が出てると思う。
それから、自分の弾き歌いには得意な曲とそうではない曲があることもわかったし
リズムとか速さが不安定なものもあるし(それはカットしました)
動画を撮ると、自分の改善点が見つかる。それは良いけれど、当分は一曲づつの
顔が出ないものをコツコツとまたアップしていきたいな。

とにかくURLが取れたらブログでお知らせします。
まだアップロードが完了していないのです。

あ、今取れました。こちらです→吉井江里自然体ライブvol.4歌って憂鬱を吹っ飛ばしてね!

さあ、ピアノ部屋を片付けなくては。もうめちゃくちゃです。配線で。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。