昨夜はものすごい眠気が夜の8時ごろから(笑) 帰宅したのが18時で、それからすぐに全部脱いで(まあ当たり前ですが)ゆっくりとお風呂に入った。まるでお父さんの「飯の前に風呂」という感じに。このところ外出したら全身と服をすぐに洗う。髪も。そうそう、髪ですが、そろそろ美容院へ・・と思っていたらまたこんな感じなので先送り。自分でまたなんとかするという感じで。髪を切らなくても死なないから。
夕方お風呂に入るってすごく気持ちよくて、その後食事をしたらもう寝る感じに。それでもストレッチはしてから寝ようと思って2階に行くけどすぐ入眠。
5時台にスッキリ目が覚めた。
今日は訳あって代車を借りてきてまた返しに行き、自分の車で帰った。この中途半端な数時間何をしようかな?と思っていたけれど、もうすぐ不燃ゴミの日なので引き出しのあるチェスト全部のものを出して分けて収納。スッキリした。

さて、さっき新聞を読んだら県からのお知らせでかなり大きく「個食、黙食」でお願いしたいという一面の黄色い注意喚起の広告が出てきていたけど言わせていただきたい。そりゃもちろん黙って一人で食べたら一番いい。でも、そこじゃない、それだけじゃない、と私は思う。だって、カフェにいったらマスクしないで大声で喋っている人がたくさんいる。ギョッとする。
仕事先でも「会話は控えめに。離れて」とお願いしているのですが、できない人もいる。それもちょっとドキドキする。難しい。

だから「食事は黙食」食事が済んで会話するなら「マスクand離れて」「大声出さない」ということをちゃんと書かないと。「会食、カラオケやめて」だけじゃわからないのではないでしょうか?何がよくないって、マスクなしの会話と接近では?
結局は「どう振る舞うか」が問われているような気がする。飲食店やお酒だけが悪いわけではない。
外出を制限するばかりの対策では・・・・外出を全然しないのも考えものだと思います。特に高齢者への影響は大。この期間はちょっと我慢だけれど。気をつけて外出できるようになるといいのでは?

13連休(途中でちょっとあるけれど)が始まりました。
5月は半分以上がお休みです。何をしようかな〜。あの苗をああして、あれを解体して、あれを作って・・・・やることが多くて楽しみですが、やっぱりキャンセルが続きそのことで話し合いなどをして心がかなり疲れているのでまずは心身を休めます。

色々勝手なことを書いていますが、綺麗事ばかりでも・・・・・

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。