あと1ヶ月なのですね。なんだか今年はわけがわかりません。いつのまにか年末になりますね。
今日の月はすごかった。綺麗というよりこわかった。空を見て、ああ、美しいと思う日もあれば、ちょっと気持ちよくない日もある。まったく同じという日はない。

今日は朝からずっとおでんの仕込みをして、午後になったら用事と仕事へ。こんな月曜日もいい。
明日からもさらに、1日1日を大事にしていこう。

この心配な毎日はいつまで続くのだろうか・・・・

今日は少ししか練習できなかった。今から明日の支度をして、もしも時間と体力があったら
弾かないで練習しよう。歌わないで練習しよう。そういう方法もあります。

それから喉の調子がもうひとつな人には
これらの本がおすすめです。

あ、今日は新しい方々がクラブにご参加くださいました。今はお互いに顔がよくわからないですね〜〜〜笑。これはちょっと不安かもしれませんね。でも、よろしくお願いします。

おやすみなさい〜〜

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。