とにかく昼まで寝るぐらい長く寝たいと思っていたので夜更かしをしっかりしてよく寝た。このところずっと長く眠れなかったからすごく嬉しい。
土日と2日続けて休みがあるといいですねえ・・・・春はずっと休みだったですが。
これから先はどうなるのだろうか?

12月6日にあるはずだった第九の公演。GW明けに会議をして第九はないことに決まった。
でも、オケの演奏はある。ありがたい。10月18日の岡フィル定期は買おうと思ってゆっくりしてたら完売になってしまった。それはソーシャルディスタンスの関係で半分の席だけだったからすぐ売れてしまったのです。
12月の公演は一度はその予定で売り出していたが一旦クローズして、今日からまた販売。今度は緩和されたので全席になるようだ。ちょっとこわい・・・・でも行きたい。
夜中になって気がついたのでネットから予約してみる。
目当ての席があったので(片方が通路)、第九参加者の特典は使わず、送料も必要でもいいので
とにかく席を確保する。家に居ながらにして送って来てもらえるのだから便利だ。
これで聴きに行ける。
うれしい。でもちょっと不安はある。多くの人と一緒の空間にまだ行ったことがないからだ。
しかし、立場上行かないわけにもいかず(笑)、当日会場で見かけたらぜひ声をかけてください。
どうか公演が無事に行われますように。

明日の朝は「鐘の鳴る丘」(とんがり帽子)のオルガン動画をアップします。
「讃美歌496番」がかなり再生回数が伸びていますが、とにかく淡々と名曲を弾いていきます。
オルガンが壊れませんように(だましながら弾いているような感じです)
鍵盤のガタガタ音が入っているのも経年劣化のせいなので味ととらえていただけるとありがたいです。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。