昔は10月10日と言えば「体育の日」で祝日でしたよね?町内運動会などもあったかもしれない。
もう祝日ではない今日は仕事と買い物と、それとやっぱり今の時期って眠たいですよね?昼間も少し時間があれば仮眠。夜も昨夜はぐっすり。本当はもっと長く眠ればよいのですが昨夜は針仕事をしてしまって遅くなった。チクチクと針と糸で刺して行くと心が和みます。これからの秋の夜長、アクセサリーなどの修理からやろうかな?と思う。

明日は家にいて来週の用意とできればピアノをしっかり弾きたい。録音よりも練習。きちんとスケール、アルペジオ、バッハ、それから好きな曲と重ねて。
スケールやアルペジオの練習ってどうですか?好きな調と嫌いな調があると思うのですが、私はどうやら「♭」系の調が好きで「♯」系は苦手です。弾きにくく感じる。

土曜の夜はいつも22時から北野武さんの出る情報番組を観ていて、なんとなくそれで一週間の流れを確認するような気持ちだ。
「エール」は今日、一週間のダイジェスト?を観て流れを確認。来週はいろいろと厳しそうですね。
どうしても「若鷲の歌」は弾けませぬ。「予科練」のこと、よく知らないけど、あまり気が向かない。
戦争のことについては実は何にも知らないのだとよくわかったので本などをきちんと読んで事実を知る必要があると思います。暮しの手帖社が出している戦争の時期の「戦争中の暮らしの記録」は読んでみたいと思っている。図書館へも「唱歌、童謡」の本を借りに行きたい。もうこれ以上は買えない。買うなら処分しないとね。

創刊70周年記念出版 『戦中・戦後の暮しの記録』

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。