午前の仕事を終えてから帰宅。家のことをしてから動物病院へ。
最近はLINEで予約ができて、
あと少しで呼び出しですという連絡も届く。
なんにしても「いったいいつまで待たされるのか?」
と思うような
そんな無駄なことがなくて、非常にいいと思う。
昨年の第九でもLINEを使用しての連絡はとてもよかった。
何よりいいのはみんな同じ意見だと思いますが
読んだかどうかがわかること。
既読という機能を考えた人はすごい。
そして音も画像も送れる。
スマホのおがげで随分生活が変わったと思う。
でも、これでいいのかな?
ないほうがよかったのかな?どうかな?と
昔の古き良き時代を思ってみることも。

変わらないのは
音楽を自分で奏でる、歌う、ということがある。
こんな便利な時代だからこそ
練習を重ねて段々とできていく
そんな時代遅れかもしれないことも
私は好きです。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。