午前中は済生会カルチャーの教室の今年度最後の講座日。
皆さんに近況や今の気持ちをお一人ずつお話しいただきました。
ありがとうございました。お優しい皆さんのお話、曲のことから心境まで
とても参考になりました。
また次のクール、よろしくお願いいたします。
午後からは岡山シンフォニーホールの「歌え!わが心」2回公演でした。
アコーディオンの前田先生にも久しぶりにお目にかかれ、
歌いにいらしていた皆様とも久しぶりの再会。
もう再会だらけで、喜びが大きいですね〜
本当に素晴らしい時間になったと思います。
ずっと心配していた方にも再会できたし、これもホールの皆さんの感染対策や
会をきちんと整えようと準備をしてくださる、そのおかげだと思います。

ある方のメールの返信にも書きましたが
ストレスの多い、疲れの溜まった生活から
ストレスがほぼない、感謝の生活へシフトできたような
そんなことを実感できる毎日です。
まあ、それでもご依頼があれば私は動きますので(生活費も必要ですし😁)
お声がけお待ちしています。でも今はそう急ぐこともないと思いますので
また心配が少なくなりましたらで。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。