家での仕事や用事で出かけたあと、夕方になって風もあり涼しいので
家の生垣などの下に溜まった枯葉などを掃除(こんなこと滅多にないです)、
それから生垣をカットしたりしていると
いろんな人が通る。
音楽をイヤホンで聴きながら気にせずに作業をしていたら暗くなった。

今日は「ああ、言い返せばよかった」というようなことがあった。
コロナ禍になってからもそういうこと、いっぱいあった。
争いは好まないけれど、その場で「違う」ということをちゃんと言いたいし
怒らないと行けない時もあるならばちゃんと怒ってることは伝えたいな。
などと頭の中で考えながら、今度は練習をしたら
集中していて、そういう気持ちは吹っ飛んだ。
もういいや。って。

official髭ダンさんの「pretender」の練習用ガイド音源(ゆっくり丁寧に歌って、繰り返す感じ)ができて
YouTubeに限定公開でアップしました。
私の講座やレッスンの生徒さん(お休み中の方も)の中で必要な方はお知らせください。
LINEかメールでurlを送ります。
難しいけれどいい曲だわ〜
楽譜はぷりんと楽譜さんや@エリーゼさんなどのサイトで
買ってダウンロード、印刷もできます。
スマホから買って、印刷機がない場合は、コンビニで印刷できます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

では、また!


この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。