日々のこと 2021年8月4日

今日も午前中は仕事でした。今日はとても人数が少なくて広い部屋でしたので少し歌いました。

新しい曲もその曲の調とか転調がこのようになる、なども説明しながら。


次回はもうちょっと座学が多くなると思います。帰りのエレベーターの中で他の講座の受講生の方が「どうなるんでしょうね・・・これから」と言われていて、みんなで「ほんとね・・・どうなるんだろう」とはっきりした回答も出せずに、暑さの中それぞれにエレベーターを降りて。

そう、誰も先がわからない。ただ言えることは昨年より深刻な感じもするし、慣れてしまっている感じもする。

でも気をつけないとね。今まで以上に。

家に帰ってカロリーの低めの食事を摂る。その後急いで急場凌ぎな片付けをして、実は我が家の入り口には猫が逃げないように特別な戸をつけているのですが、その修理に来ていただくので雑多なこのリビングを片付ける。限界はあるので仕方ない。

ちょっとしたことだったけれど私ではどうにもならなくて、直しに来ていただいて本当によかった。ついでに他のことも手伝っていただき、暑い中申し訳ないけど助かりました。

また自分ではできないことをためておいて、お願いしようと思う。

その後少し眠たいし、何しろ暑いでの休息の時間をとる。

あまり長く昼寝すると夜寝られないのでほんのちょっとだけ。いい感じで自然に目が覚めた。

しかしこの暑さ、皆さん大丈夫ですか?来年は夏はコロナはどうなっているのかわからないけれど、夏季休暇をとってもいいのかも・・・・・来年、どうなのかな?まだコロナと一緒なのかな?もうそろそろ離れたい。皆さんもそうでしょう?遠慮したい。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。