役所へ行ってマイナンバーカードを受け取った。
いつも思う。この役所は新しくてわかりやすい。
それでも入ってすぐにどうしたらいいか、はわからないので
いつも同じ方がどうしたら良いかをすぐに声をかけてくださる。
しかし、このかたはずっとコロナの間何度か行っても
ずっと同じ業務をされていて
近寄らないと相手の用件はわからないし
会話をするわけだし、人はいっぱい来るし
開けっ放しの環境でもないし
コロナの心配が大きいだろうな。
でも、変わらずずっと業務を続けられている。
クラスターが出るところとは
何が違うのだろうか。とあらためて思う。
同じところにずっと一緒にいる。
マスクをしないで会話したり近寄るのが良くないのかな。

仕事が終わって役所に行ったのですが
帰りにガソリンを入れて、洗車をして丁寧に車を拭きあげて
中を掃除した。気持ちが良い。
これがもっと寒くなったらしんどいでしょうね。

明日の仕事の支度をして日付が変わるよりももっと前に布団へ入った。
長く布団にいる、のがこの冬の目標です。
猫が足元に来てささっと布団に入った。
至福の時間。気温が下がると猫との距離はぐんと縮まる。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。