7月の第二週目にお稽古してから私がワクチン接種後に体調を崩し、その後は感染者が増え
開催できなくなっていたところのグループの集まりが再開。

もう、何度も休みか、再開かで電話連絡などをしていただき
ありがとうございました。

やはり再開して久しぶりにお目にかかると嬉しい。
元気でいる方は来られるし、体調を崩されていたり、用事で来られない方も多いけれど
しばらくは(さて、いつまでだろう)お稽古できるので
楽しく時間を過ごしていただいた。

コロナのことで影響を受けるようになって
完全に歌のことをやめられた方も多いが
歩けなくて出てこられないなら仕方ないけれど、
口周りのことは最後まで大事なことなので、家ででも軽く歌ったり
簡単なボイトレをしてて欲しいなあ、と切に願っています。

午後から家族と買い物。
持っていたお金を全部使って(笑)食料を買い込む。
ダイエットってちゃんと食べないと行けないから
いろんなものを買う。いつもより食べる量は少ないが
種類が必要な感じがする。
頑張ろ!

火曜が休みなのでちょっとゆったりとdいた夜。
やっぱりショパンコンクールばかり観ます。
いい時に開催してくれたと思います。
に癒されたり、心が揺さぶられたりするので。感謝。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。