外の仕事は休みなので練習とか事務仕事を。
今これを書いているのは次の日の夜なので(笑)昨日どのように過ごしたかわからない・・・
ただ一つ言えることは、月曜の夕方に捕獲して手術を受けさせるはずだった猫のことに失敗して
意気消沈してしまい、火曜もそれを引きずっていたのは否めない。
なんで我が家のように色々と困っている家に産み落としたんだろうか。
母猫とたまに遭遇する時に優しく声をかけたのが悪かったのだろうか?

ストレッチやマッサージなどを念入りにする。
練習といい、体のケアといい、こんなに自分のために時間を使うのは
結婚して以来かもしれないな、とあらためて思う。

ヨガはできないし、多分これからもしないでしょうけれど
ヨガの本は持っていて、なぜ買ったかと言うと
文章が素晴らしいから。
この本を書いた人の心の言葉にハッとなることがあるのです。
だから寝る前に読んで寝る。
文を書くことや
言葉を発すること
ものすごい優等生になる必要はないけれどやっぱり毒のようなことばを吐き出すのは
あんまり良くないんじゃないかな。
色々と思うことはあるでしょうが
Yahooのコメントなんかをみているとどす黒く渦巻いた書き込みにゾッとするけれど
きっと普通の生活では悪い人ではなかったりして。
でも、ストレス溜まってるのよね?
と思う。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。