仕事が済んでから他の用事に。
そして夜のピアノの練習。
前にコツコツと譜読みをしたものをゆっくり弾いていたんですが
少しの間、間を置いて(クッキーの生地とかをねかせるような感じかな)弾いてみると
スラスラと進むのが面白い。

ショパンコンクールでは
エチュード(練習曲)、スケルツォ(諧謔曲とか冗談のような)
ソナタに舟唄にバラード(物語風?)にマズルカ、
幻想曲などが演奏されます。前奏曲なども。
その他最後には協奏曲も。
詳しい曲目はこちらに→課題曲について
審査員の紹介のところで昔、ショパンコンクールに出場していた海老彰子さんのお顔が。
情報をみるとダン・タイソンというお名前も。
もう一回YouTubeで確認してみよう。

ということで頭の中がまだまだショパンショパンしています。

今日は済生会カルチャー。明日は山陽新聞カルチャーです。
山陽新聞のカルチャー教室はご体験は無料です。いかがですか?
勧誘は致しません。(致しません、のドクターX始まりましたね)


この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。