9月、あっという間に終わりました。いろんなことがありましたが、私自身は7〜8時間睡眠がとれ、
よく動きよく食べる感じで疲れは感じていません。ああ、それでもしんどい日もありました。
しかし、仕事に行くと元気になるのでつくづくこの仕事は「発散系」だと確信しています。
10月から新オープンやリニューアル、クールの変わり目ということで、思い切ってテキストも新しいものに変更したり、私も今までの「コロナ怖い」と「とりあえず」な感じを卒業して、気をつけながら「楽しくて学びがある講座」を目指して少々変化をつけようと思っています。
そのための準備を9月の終わりはしました。
でも充分ではなく、またそれぞれの前日にわ〜っとなりながら過ごすのでしょう。頑張ります。緩やかに。

先週は総社へ。総社は9月、10月と続きます。続いて行けるなんて夢のようです。
また次の時も食事して帰ろっと。
出がけは猫に絡まれます。写真のように。


この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。