暑い・・・・でも、エアコンや冷凍庫で冷やすアイスノンのようなマツキヨの(笑)商品をいくつか使うことででなんとか凌いでいます。座っていても寝ていても、いくつかを時間差で冷やしておいてそばに置いてます。
まるでケーキのように。

今朝は山陽新聞社のカルチャー教室でした。
この講座、10年以上経ち、講座名など少しリニューアルしましょうということで(実は天満屋カルチャーや済生会は何度か講座名、内容を先にリニューアルさせています)もう少し使用する楽曲の範囲を新しいのものにしていることがわかる講座名に。すでに内容はかなり前から変化させています。
現在使用している歌集(赤いともしび歌集)がもう在庫がないらしく(コロナの影響はこういうところにも出ています)今まで何百冊か仕入れさせて頂いたのですが、これ以上はもう手に入らなくなったので(いつか新装して曲を加えて新しい歌集ができるそうですが、いつかわからないですね)使う歌集も違うものにします。

今までの講座名は「歌って健康いきいきライフ」ですが、その精神はそのままにして
「ピアノで歌おう【昭和の青春ポップスから平成・令和のJ-popヒットソングまで】」という講座名になります。料金、講座日・時間は変わりません。

今日は午後お昼寝を。起きたら力がみなぎっている感じがします。この数時間できることをやります。

ピアニストの室井さんの本。電子で買おうか、紙で買おうか悩み中。
目次を見たら良さそうな感じで。なんせ101歳でピアノを弾かれているのですよ。あと40年生きることも私にとってはできるかどうかわからないけれど、弾き続けられるってすごいこと。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。