上のコラムに日記を書いちゃいました。

仕事の後、ちょっと用事があって問屋町へ。秋には問屋町で何かするかもしれません。
楽しいことをいろんな人と一緒に考えています。
それから動物病院や買い物へ。
動物病院もですが、家族みんないろんな病院にお世話になっています。
でも、ごくたまに転院することもあります。
ホスピタリティってとても大事です。ホスピタリティの良さの決め手は
気持ちが伝わる「言葉がけ」と「声」だと思います。
まあ、気持ちがない場合もあるのかな・・・ときどき打ちのめされること、ありますよね?
そうでなくても病院へ行くということは調子が悪いのでね・・・・・うーーん。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。