今日の午前中は済生会カルチャーの講座でした。お休みの方が多かったですが
新しい曲にチャレンジ。難しい歌だけど、一回で歌えるようになったのは素晴らしいです。
「心に響く歌」を選んでいます。
ここの講座はあまり休まずに続けてきました。
みんなでなんとか心をしっかり持って進んで行けた、そんな仲間のような気持ちでいます。
まだコロナのことは続くと思いますが、気をつけながらよろしくお願いします。

午後からは今日は練習やオルガン収録です。
その合間にあるミーティングをzoomで。
本当に便利です。お互いの移動の時間とかも必要ないし、
画面で資料も見せていただけるので理解しやすいです。
2年前、それより前には考えたこともなかったですが、こういう便利なことはどんどん取り入れて
能率的に進めていくことによって、それぞれの時間が取れるようになるといいですね。

オルガンでは
「残酷な天使のテーゼ」「フレンズ」「スタンドアローン」などを収録。
一曲に対して何回弾くんだろう?という位失敗をしますが、楽しい作業。
今日は汗だくになりました。エアコンを入れたらよかった!

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。