今日は休み。午前中はゆっくり眠る予定でしたが、やっぱり目が覚める。睡眠足りてないのに。
思い切って昼から昼寝をしたらよく眠れて、起きたら暗くなってしまいました。これはまずいです。
もうあまりコロナのことは気にしないで活動されている方も多いと思いますが、仕事が仕事ゆえ、慎重なので家で過ごすことが多いです。やっぱり。
猫もいますしねえ。
今日は動画の編集や投稿はしましたが音楽はほぼ聴かなかった。こういう日もあります。

少し前にテレビでパリジェンヌの方がお裁縫をしていて、染め物をしている友人を訪ねて一緒に染めものをするという番組がNHKであって、録画してるのですが、それを見るとその一つ一つの作品もそうだけれど家の中全て可愛らしくて、ああ、いいなあと思いました。それと同時に字幕で彼女たちの会話が日本語で読めるのですが、草木染の彼女の仕事ぶりを見た女性の「丁寧でとても豊かな仕事を見せてくれてありがとう」という言葉が印象に残りました。その言葉通り、草木を育て、それを乾燥させたり生のままだったり煮詰めて色を出して、ウールや麻などを染める。自然素材ですよね。ポリエステルじゃない。
その一連の感じが私はとても好きだなあと感じて、また何か物作りをしたいとやる気が出てきました。
音楽と物作り。両方できるといいな。

明日は済生会の講座。午後のクラスは教室にまだ余裕がありますよ〜。ご体験いかがですか?(500円)「生ピアノで歌おう」 新しい講座はリビング・山陽新聞にも今年は新設しました。多分今が変わり目です。懐かしい歌の時代を少し現代に寄せていっております。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。