午前中は済生会カルチャーの講座(ありがとうございます。満席です)で楽しい時間を。長い付き合いの人が多く、とても安定した感じを受け、心が落ち着きます。コロナ禍に入っても同じ感じでずっと続けられている貴重なチームです。ありがたいです。
準備・片付けの時なども机の移動や楽器のことなどみんなですごいスピードで行ってくださってます。
午後は禁酒会館へ。西口からこの城下までも非常に近くて移動が楽です。
午後の教室は新しいクール。こちらはまだ始めたばかりでごく少人数です。いつからでも入れますので(特例の様です)まずはご体験を(有料です)お願いします。新しい曲と、少し懐かしい青春時代のものも歌いますよ。
その後は帰ってきたらネットスーパーの食材が届いたので思い切り😁食べました。お肉焼いたりして😏
夜からはお勉強。特に、明日(土)ある合唱指揮の指導の曲を分析するのに時間をかけます。
そして早く寝る。疲れは寝て修復、予防。睡眠時間と質は大事です。40代、50代前半の自分に戻ってしっかり寝たいです・・・・

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。