朝仕事へ行くときしんどいなと思うことはない。楽しみだから。
今日もとても良い気持ちで車を走らせて会場へ。天満屋のカルチャーの教室には着くと私の電子ピアノがカートに乗せてもらって置いてある。いつもここまで持ってきていただけるので助かっています。
準備をしているうちに受講生の皆さんが徐々に来られて、早く来られた方と少しお話などしながら支度をする。
今日も歌ってみんなで顔を合わせて充実した気持ちで終わる。
歌が感染の予防のために前の様に自由に歌えなくなって、マスクをしての歌唱ではあるが、カルチャー関連では事務局の人は前より消毒や換気、さまざまな業務が増えてしまったのではないかと思うけれどとても「学び」に対して全力で協力していただき、いずれの会社でも非常によくしていただき、感謝でいっぱいです。
コロナでいろんなことが影響を受けた。私たちも変わっていかないといけない、と変えることは多かった。考え方ももちろん。それでも変わらないのは「音楽」そのものです。これは何があっても揺るがない。でも人間は変わっていかねばね。いい風に。
午後から私用で出かける。帰ってきてから眠ってしまった。夜中に起きて明日の支度をしている。
そうだなあ、音楽だけ、の生活ではない。音楽だけの生活ができたらいいのか?それとも?どうでしょうかね?答えは出ないね。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。