バッハカンタータ80番の最後のコラールをオルガンで弾いてみました。
この曲は10月2日に合唱団の定期演奏会で演奏します。私は合唱団の一員として参加します。ずっと休んでいたのですが(8年〜10年ほどかな)やっぱり合唱したいので戻りました。
演奏会は絶対できるかどうかそれは怪しいところですが(コロナの関係で)
音楽関係者はみんな「練習することや前進することを諦めない」感じになっています。
もしもまた練習できない時が来たとしても、それぞれが家でしっかり練習して、当日が緊急事態宣言が出ない限り、会場が開いていて貸していただける限り、演奏会は開かれることでしょう。
聴きに来てくださる方はチケットは私から買ってくださいね。岡山市民文化ホールなので、たくさんの人は入れないと思いますが・・・・・その頃はキャパに対してどの位の人が入れるのか、今は予想もできませんね。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。