いつも生活の中に合唱がありました。

今も全くなしではないけれど
でも厳しい。

だけど合唱で築いたことは全部体に染み込んでいて
心はそれを忘れることはないし
私はあゆみを止めない。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。