合唱、今は厳しい。10月は一斉に歌い始めたけれど、先はどうでしょうか?

しかし、関東の方の方からは
緊急事態宣言下でももうみんなこちらはゆるくして普通に過ごしている。
お上のご意向を斟酌して迎合したくなる気分は地方の方が酷いのでは?というご意見もあり。

また、こちらでは「まだ歌いに行ってるの?」ということを言われるという歌を続けている人からのお話もある。

本当に歌はもうダメ?自分で決めることが大事だと思っていて

人に電話していくことを責めるのも良くないし、歌いにいきたくない人を誘うのも良くないかも。

自分で決める。人のことに口を出さない。

これが一番かもしれない。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。