ご自身の声や歌を録音してみたことはありますか?
なんだかショックを受けますよね。最初は。
でも、それを続けていくといい感じになってきます。
聞くのに慣れるし、声も磨かれる。

今は昔と違ってスマホなどでさっと録音できるので
手軽に試してみられますね。

ピアノなどの楽器も録音してみると
自分の弱点がよくわかります。
私は一応プロなので、ピアノとオルガンと歌は録音してしょっ中聴きます。
まあ、聞くに耐えられないほどでは無いですが
ハーモニカとか鍵盤ハーモニカなど、あまり練習していないものを録ると
ちょっとよく無い感じです。
そこで諦めずに、リズムとか音のずれを修正していくといいのでしょうねえ。

ああ、鍵盤ハーモニカでバッハの重奏をやりたい。
それから「フォレスタ」の女性版のようなプロのコーラスグループを作りたい。

やります。多分。
コロナでも・・・・一生マスクなのかなあ・・・と人と話していました😂

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。