ここはSNSではなく自分のページ。でも、全世界の人が見ることができるところに呟きを書くのもどうかと思うけど書いちゃおうと思う。

昨日、劇場での「クラシック音楽や演劇」ではロックのライブなどと違って観客は無言だから(ようするに上演中や演奏中に観客は歌ったり踊ったり掛け声をかけたりしないから、だから
もうこれ以上少ない観客とかでやっていったら音楽のひとも演劇のひとも劇場も裏方スタッフも逼迫しているのでなんとかやっちゃっていいよ・・・・ということだと思うけど
そこまでまだ解除していいものとはちょっと・・・・

経済を回さないと失業する人もいるのも確かだけど

ちょっと急ぎ過ぎな気もする。

5000人も・・・・という話もあって驚く。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。