私が昨夜大事に思ったのは
「動く前のこと」これは「音を出す前」に繋がる。
わずかな動きに神経を集中させること。

無理して笑わない!口角を上げすぎないこと。などです。

外国語のシャワー(昨夜は英語)も浴びられて気持ち良い。
自分ではしゃべったり意思表示はしづらいけれど
聞き取ることはできるのだ、心地よいな、と思ったことなど。

骨盤のことも。

大袈裟に動かすのではなく
細かい動きに集中する。

常日頃から思っているんですが
自分が声を出す、その声の前が大事。
そして、前奏でその世界に入ること。おしゃべりしてるなんてもってのほか。
リラックスするのと、どうでもいいのとは違う。

なんてことを考えながらお昼寝しま〜す

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。