twitterになんとなく独り言を書くと、いいね、がつくのはいいんですが、最近荒んでいる人が多くて例えば音楽の指導方針について意見してきたり、失礼な物言いの人が多くやっぱり私はSNSは向いてないと確信。
しかし、そもそも独り言を書く方がどうかしていて、それは家の中でつぶやいていれば良いのだろう。
Yahooのニュースのそれぞれにくっついているコメント読むと本当に気が滅入る。
よくもあそこまで・・・・と思うが、あまりにもひどいことを書くと
わかってしまうらしいので(どこの誰だか)それは気をつけたほうがいい。
そうなるとそもそもインターネット上に色々書くのもどうなのかな?と思うし
コロナになって、オンライン推奨な感じだけれどどうも・・・・・


ということで、早くコロナになんとか去ってほしい。
もう戻れないのか?と時々苦しくなりませんか?
私は苦しい。
このままだともう限界を感じる。
そういう時はもうひたすら何かに打ち込むしかないかもしれないので
やっぱり音楽をもっとやろう。本も読もう。
そして家のことをきちんとやろう。それが一番いいかもしれない。
暮らしを整える。心を整える。だね。

おやすみなさい。

この記事を書いた人

吉井 江里

岡山市で活動している吉井江里です♪合唱指揮、ピアノを弾きながらの歌の講座や合唱指導、講演やライブ等の活動中。2015年3月18日完成の映画「見えないから見えたもの」(盲目の教師、竹内昌彦先生の映画)挿入歌「点字のラブレター」や「ワルツ」を作曲。